通信教育で資格取得! ヘッドスパの実力

このサイトについて

ヘッドスパとは何でしょう?

なぜヘッドスパは人気なのか

ヘッドスパはどこでできる?

お店に行った時の注意点

自分でできるヘッドスパ

ヘッドスパの資格を取ってみる

ヘッドスパの実力

ヘッドスパの資格を取ってみる

通信教育で資格取得!

ヘッドスパの資格を取得するためには、通学して資格を取得する方法と通信教育で勉強して資格を取得する方法の2パターンがあります。どちらも利点、欠点があるので勉強する本人の都合の良い方法を選ばないと、後々勉強がきつくなってしまったり途中でできなくなったりします。ですので今回はまず通信教育で資格を取得する際の利点、欠点を織り交ぜながらお話をしようと思います。これから通信教育で勉強をしようと思われている方は是非読んでいって下さいね!

ではまず通信教育での資格取得の流れですが、始めに自分が選んだ通信教育講座に申し込みをします。通信教育ではテキストや必要な道具などが郵送で届きますので、受講料の支払いは商品を受け取った時に支払う代金引換かあらかじめ先に支払いをしておく銀行振り込み・クレジットカード払いのどれかになる場合がほとんどですので、申し込み時に提示された支払方法で支払います。

そうして届いたテキストや道具を使い勉強を始め、わからない所は講座あてに質問メールや電話などで聞き、出された課題をクリアして全過程が終了したらヘッドスパの技術を習得したという証明の終了証をもらえます。ここまでが通信教育の流れになります。

流れがわかった所で通信教育の利点、欠点なのですが、まず利点として時間の自由が利くことがあります。ヘッドスパの技術を習得するために学校に通おうと思っても、学校が近くにあるとは限りませんし、あった場合でも決められた授業の時間に毎時間きっちり出席する事は余程時間の自由の利く方でないと難しいです。しかし通信教育であれば自宅で勉強することができますので、自分の空いた時間を使い無理なく勉強を進めることができます。

次に欠点ですが、ヘッドスパは理論ももちろん大事なのですが、施術をするので技術をしっかり習得しないとお話になりません。しかし通信教育ではほとんどの場合自宅で自分ひとりで勉強するので、自分の技術をチェックしてくれる人がいません。友人などに頼むのもアリですが、勉強したての技術をチェックするのは素人の方では厳しいでしょう。ですので通信教育の欠点としては自分の取得した技術の不安、があります。

以上が通信教育で資格取得する場合の利点・欠点でした。次回は通学する場合のお話をしますので、通学を考えている方はよければそちらも読んでみて下さいね。

Copyright (C) ヘッドスパの実力 All Rights Reserved