いざ!自分でヘッドスパ ~頭皮のマッサージ~ ヘッドスパの実力

このサイトについて

ヘッドスパとは何でしょう?

なぜヘッドスパは人気なのか

ヘッドスパはどこでできる?

お店に行った時の注意点

自分でできるヘッドスパ

ヘッドスパの資格を取ってみる

ヘッドスパの実力

自分でできるヘッドスパ

いざ!自分でヘッドスパ ~頭皮のマッサージ~

お次は頭皮のマッサージ方法です。体勢は首・肩のマッサージと同じで湯船につかり湯船のへりに体を預けて両手でマッサージを行って下さい。

では実際にマッサージするときの手の形ですが、指と指の間を開き指の関節を軽く曲げ、ボールを掴むような形にしてマッサージすると広範囲をマッサージができますし、やりやすいです。そしてするマッサージの工程はまず頭の両側からつむじ、次におでこの髪の生え際からこめかみまで、そしておでこの髪の生え際からつむじまで、最後に襟足の髪の生え際からつむじまでの4工程になります。この工程を1つにつき5回ずつするといいですよ。

ではまずは頭の両側、耳の上の辺りからつむじに向かってのマッサージの仕方です。手を頭の両側の耳の上辺りにあて、両手の指の腹を使い円を描くようにつむじまでマッサージしていきます。つむじまでしたらまた耳の上あたりに当て、これを5回ぐらいして下さい。

次はおでこの髪の生え際からこめかみまでです。この時は親指以外の4本の指を使い、おでこからこめかみまで円を描くようにマッサージしていきます。こめかみは強くマッサージすると刺激を強く感じるので注意して下さいね。この場所が5回ぐらい終わると、次はおでこの髪の生え際からつむじまでです。このときのマッサージの仕方は耳の上からつむじの時と一緒です。

そして最後に襟足からつむじまでのマッサージです。この時もマッサージの仕方としては耳の上からつむじまでの時と一緒で円を描くように両手の指の腹を使いマッサージして下さい。

この4工程を5回ずつくらいしたら頭皮のマッサージは終了です。最後にマッサージをする際の注意点をお話しますが、まず強すぎる力でしない、です。頭皮はデリケートですので、あまり強い力ですると頭皮を痛めてしまいます。そしてもう一つがマッサージをする際できるだけ頭皮を動かしながらする、です。頭皮を動かす事で顔の筋肉のリフトアップにも繋がり、また頭皮の凝りもしっかりほぐせます。

以上の事に気をつけてゆっくりマッサージしてみて下さいね。

Copyright (C) ヘッドスパの実力 All Rights Reserved