タバコでの頭皮へのダメージ ヘッドスパの実力

このサイトについて

ヘッドスパとは何でしょう?

なぜヘッドスパは人気なのか

ヘッドスパはどこでできる?

お店に行った時の注意点

自分でできるヘッドスパ

ヘッドスパの資格を取ってみる

ヘッドスパの実力

なぜヘッドスパは人気なのか

タバコでの頭皮へのダメージ

少し前からタバコの健康被害が取り沙汰され、タバコによる悪影響に関する知識が広まっていますが実は頭皮や髪もタバコによって与えられるダメージがあるのです。

まずタバコによるダメージとして、喫煙する事による内面からのダメージと副流煙による外部から与えられるダメージの二つがあります。内面からのダメージですと、タバコを吸う事によって体内に入ったニコチンが血管を収縮させ頭皮の血行不良が起こり、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。そうなると頭皮の肌状態も悪くなり、髪の毛には栄養が行き渡らないので細く、新たに生えにくくなります。

そして外部から与えられるダメージとしては副流煙がありますが、これはこの煙が体内に入っても入らなくてもどちらにせよ悪影響があるのです。まず体内に入った場合ですが、副流煙に含まれる一酸化炭素は体内の酸素の供給を阻害しますし、同じく副流煙に含まれるニコチンは上で書いたとおり血管を収縮させ、頭皮にうまく栄養が届かなくなります。

ですので体内に副流煙が入るとタバコを吸った時と同じ反応が体の中でおこり、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうのです。

次に体内に入らず副流煙を浴びたときのダメージですが、タバコの煙が多い所にしばらく居ると髪の毛がパサついてきたり髪がゴワゴワしてきませんか?それはタバコの煙によりまわりの空気が汚染されていたり、空気が乾燥していたりするせいで髪の毛がそうなってしまうのです。ですのでタバコの害は体内にタバコの煙が入った場合だけでなく、頭や髪の毛に浴びただけの場合でも害があるのです。

ですのでタバコの害をなくすために、喫煙者の方はできるだけタバコを吸わないようにして、非喫煙者の方はできるだけタバコの煙が多いところには行かないことが大事です。しかしそれでも完全に髪の毛や頭に煙を浴びないという事は難しいですので、そういった現状もヘッドスパが人気な理由の一つになるのでしょう。

Copyright (C) ヘッドスパの実力 All Rights Reserved